とうとう来たか?!45歳以上向けの人材派遣サービス、登場

さて、ここからシニア雇用マーケットは、
どのような形になっていくのでしょうか?!

シニア雇用は派遣でいいのか?
社員ではないのか?
いやいや、アルバイトであるべきだ!
…みたいな議論はいずれ起こると思いますが、
まだまだ先でしょう。

私、個人的に
シニア雇用マーケット、シニアマーケットには、
とっても興味があります。

以下、公式発表です。

45歳以上向けの人材派遣サービス 
8月28日(月)「キャライブ」開始

~職場定着率・出勤率の高い「エルダー層(※45歳以上)・シニア層」に、
これまで培ったスキル・ノウハウを活かした雇用機会の提供へ~

 株式会社ネオキャリア(本社:東京都新宿区、代表取締役:西澤亮一 以下、ネオキャリア)は、
「エルダー層(※45歳以上)・シニア層」向け人材派遣サービス「キャライブ」を、
2017年8月28日(月)から本格スタートいたします。

■​人材派遣サービス「キャライブ」とは

当社は、2010年から派遣事業を開始し、
20代~30代を中心とした事務・コールセンターなどの派遣事業を行ってまいりました。

キャライブは新たに45歳以上の求職者に特化した派遣サービスで、
業界、職種などの仕事内容は多岐に渡り、データ入力などの事務作業や、
コールセンター業務、清掃業など、求職者はニーズに合わせた選択が可能です。

2017年8月28日(月)から一都三県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)でサービスを開始し、
全国33拠点の支店にて、順次サービスを展開してまいります。

なお、今後は3年間で2,000名の雇用創出を目標としています。

<45歳以上限定の派遣サービス>

エルダー層・シニア層にフォーカスしたサービスで、
求職者はスキル・ノウハウ・体力に合わせたお仕事を選択できます。

<教育訓練およびキャリアコンサルティング>

就業後は派遣法に基づき、個々のキャリアアップの計画、
意向に沿った実効性ある研修を実施します。

■サービス名称の由来

「キャライブ」は、職業や経歴を意味する「キャリア」と、
前進や加速を意味する「ドライブ」を組み合わせたネオキャリアが創り出した造語で、
これまでの経験を活かし、 「エルダー層※45歳以上」の方々に対し、
さらなる活躍をしてもらいたい」という想いを持って作られました。

求職者にはこれまで培ってきたスキル、ノウハウを活かし、
次なるフィールドで存分に力を発揮してもらい、
雇用創出の機会を創り出してまいります。

■背景

厚生労働省が2017年7月に発表した、
6月時点での有効求人倍率(季節調整値)は過去最高を記録し、
企業では正社員だけでなく、パートやアルバイトの
人手不足も深刻な状況が続いております。

しかし、雇用する企業側では若手(20~30代)を中心とした
採用活動を行っているのが実情で、
有効求人倍率(※1)も25~29歳では1.45倍に対し、
45~49歳…1.16倍と、年齢によって大きな差が出ていることがわかります。

ここから、エルダー層・シニア層の採用がなかなか進んでいない事実が浮かび上がります。
(※1)「2017年6月時点年齢別労働市場関係指標(パートタイムを含む常用)
有効求人倍率(就職機会積み上げ方式)」より

また、「エルダー層・シニア層」の採用がなかなか進まない背景には、
求職者の「体力面の不安」が企業側から上げられます。

しかし、東京都老人総合研究所によると(1992年と2002年の高齢者の通常歩行速度の比較)、
10年で10歳程度若返っているという研究結果が出ております。
(※2)「出所:鈴木隆雄他「日本人高齢者における身体機能の縦断的・横断的変化に関する研究」より

実際に50代以上の採用を行った企業からは、「年齢層が高い人材を採用するほうが、
安定した業務を行ってくれる」と高い評価をしており、
同様に過去2年間の当社からの派遣スタッフの出勤データで、
50代以上の方が20~40代のスタッフよりも定着率・出勤率が高いという結果がでました。

また、最近ではシニア層を中心に、
「65歳を過ぎても働き続けたい」といった声が増えており、
こうした求職者側のニーズと、働き手を求める企業を繋ぎ合わせるべく、
キャライブをスタートする運びとなりました。

■ネオキャリアの概要
商号:株式会社ネオキャリア(http://www.neo-career.co.jp/)
所在地:【本社】東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル2F
代表者:代表取締役 西澤亮一
事業概要:新卒採用支援事業、中途採用支援事業、HRプラットフォーム事業、
保育・医療系人材紹介、介護・一般派遣事業、海外中途人材紹介事業、BPOサービス、
人事制度・組織改革支援事業 他