リクルートが「子連れ出勤」をしてみた。

RMP働き方変革次なる挑戦 
ダイバーシティ&インクルージョン夏休みは子どもと一緒に出勤。子連れ出勤WEEK実施。

~<個の尊重>で働きやすい会社への進化~

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:山口 文洋、以下RMP)は、
8月7日(月)~ 8月10日(木)で「子連れ出勤WEEK」をトライアル実施しましたのでご報告いたします。

「子連れ出勤WEEK」詳細はこちら→http://www.recruit-mp.co.jp/feature/company/kidsweek.html

■育児しながら働きやすい会社へ

RMPでは、2014年10月より全社をあげて「働き方変革」にチャレンジしてきました。
2016年6月には、「多様な個人の活躍支援」を目的に
ダイバーシティ&インクルージョンへの本格挑戦も開始。

社員の育児体験プログラム『育ボスブートキャンプ』の導入や、
男性育休必須化などの取り組みを経て、
まずは「育児しながら働く」女性の働きやすさが増すなど、成果の兆しが見え始めています。

<RMP働きやすさの進化>


社員向け育児体験プログラム『育ボスブートキャンプ』

■子連れ出勤WEEK 当日の様子





夏休みに突入する小学生のお子さんを対象に実施。

8月7日~10日までの1週間、約20名のお子さんが参加しました。

4日間のプログラムでは、お仕事体験やパパ・ママの同僚へのインタビュー、
社長との交流会などを行いました。

RMPは今後も、「多様な個人の活躍支援」に積極的に取り組んでまいります。

※詳細はこちら→http://www.recruit-mp.co.jp/feature/company/kidsweek.html

<参加した社員の声>

ママ社員

「社員同士の互いの存在を認め合う良い関係性を作り出しているのが、
今回のようなお互いを知る取り組みなのではないでしょうか」


ママ社員の同僚

「今回のように、子どもと直に接する場が増え、子育てしながら
キャリア実現できる環境整備がさらに進んでいくといいなと改めて思いました」


ママ社員の同僚

「子どもと一緒に出勤するという新鮮な1週間でした。
改めてライフとワークが自然に調和する会社に進化しつつあると感じました」