パーソルグループの新聞広告が 第66回 日経広告賞「出版・コンテンツ・教育部門」優秀賞を受賞

~カルメン・デロリフィチェさんを起用して、「はたらいて、笑おう。」の世界観を発信~

総合人材サービスのパーソルホールディングス株式会社
(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:水田正道、以下パーソルホールディングス)は、
日本経済新聞社が主催する
第66回日経広告賞「出版・コンテンツ・教育部門 優秀賞」を受賞しました。

対象となる広告は、2017年7月3日に掲載しています。

なお、日経広告賞同部門においては、
昨年に続き2年連続での優秀賞受賞となります。

今回の広告では、「PERSOL(パーソル)」のアイコニックワーカーとして、
86歳で今もなお現役のトップモデルとして活躍する
カルメン・デロリフィチェさんを起用しました。

カルメンさんは、これまでの人生の中で様々な苦労や困難を経験しながらも、
逃げずに努力を続け、「はたらいて、笑おう。」を体現されてきた方です。

カルメンさんの生き方を通じて、
「はたらくすべての人が、企業が、上を向いて、前を向いて、
その先を見つめるために、パーソルグループは在り続けたい。」
という想いが込められた広告です。

■受賞広告概要

掲載日:2017年7月3日/出演者:カルメン・デロリフィチェさん
※TV-CM、交通広告、屋外広告のスチール、WEBにおいては、
世界的なエンジニアとして知られるスティーブ・ウォズニアックさんと、
カルメン・デロリフィチェさんの2人をアイコニックワーカーとして起用しました。

■日経広告賞概要

日経広告賞は、1952年にスタートした日本の代表的な広告賞で、
今年で66回目を迎えます。

時代を先取りし、これからの時代に合った
広告活動の指針となる作品に贈られる賞で、
今回は審査対象1219点の中から、
「大賞」をはじめ、専門紙含む19部門計63点が受賞しました。

■パーソルホールディングス株式会社について

1973年のテンプスタッフ株式会社創業以来、人材派遣、人材紹介、
ビジネス プロセス アウトソーシング、再就職支援など総合人材サービスを展開。
2008年10月に共同持株会社テンプホールディングス株式会社を設立。
2017年7月よりパーソルホールディングス株式会社へ社名を変更。
グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。
東京証券取引所市場第1部上場(証券コード:2181)。2017年3月期売上高5,919億円。

■「PERSOL(パーソル)」について<https://www.persol-group.co.jp/>

パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。
パーソルグループは、人材派遣のパーソルテンプスタッフ、人材紹介や求人広告のパーソルキャリアをはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外90社を超える幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。