過去20年最高の就職率時代! 4人中3人「納得できない」

就活生へ「内定に関するアンケート」を実施!
過去20年最高の就職率時代!

内定は持っているのに納得いかない?
4人中3人「納得できない」

WEBコンサルティング事業や新卒紹介事業、海外医療事業等を行う
株式会社DYM(読み:ディーワイエム、本社:東京都品川区、代表取締役社長:水谷佑毅)は、
2017年8月17日~9月30日の45日間で、
東京都内で開催した新卒紹介イベント『Meets Company(ミーツカンパニー)』に参加した
就職活動中の男女学生に「内定に関するアンケート」を実施し、
592名の有効回答を集計しました。

■過去最高の就職率、内定は持っているのに納得いかない?

厚生労働省が文部科学省と共同で実施した調査によると、
2017年の大学等卒業者の就職率は、
1997年の調査開始以来20年間で
過去最高の97.6%となっています(参照:参考資料)。

この空前の売り手市場の中、当社は、年間を通して
680回以上開催している業界唯一の新卒紹介イベント『Meets Company』へ
就活後期の8~9月に参加した学生を対象として、
「内定に関するアンケート」を行ないました。

まず、「現在持っている内定の数」を聞いたところ、
約3/4にあたる439名が「内定なし」と答えました。

就職活動のために『Meets Company』へ参加した学生が対象なので、
「内定なし」は不思議ではありませんが、
約1/4にあたる153名の学生は「内定を持っている」のに、
就職活動を続けていることになります。

持っている内定社数「1社」が104名、「2社」が38名、
「5社以上」の学生も3名いました。

続いて、「内定を持っている」と答えた学生153名に、
「納得のいく内定数」を聞いたところ、
「1社」が30名、「2社」が5名、「4社」「5社以上」がそれぞれ1名と、
計37名の学生は持っている内定に納得しているという結果が出ました。

しかし、それ以外の116名は「納得できていない」と答えており、
1社以上の内定を持つ学生の4名中3名は、納得のいく内定を求めて、
就活時期としては後期にあたる8~9月も活動を続けていることがわかります。

【調査概要】

調査タイトル 内定に関する調査
調査対象 株式会社DYM主催の新卒紹介イベント『Meets Company』に参加した、就職活動中の現役学生男女
調査期間 2017年8月17日~9月30日
調査方法 インターネット調査
調査地域 東京
有効回答数 592サンプル
実施機関 株式会社DYM

※新卒紹介事業を行うDYM調べ

年の調査開始以来、20年間で最高となっています。学生が10月以降も納得がいくまで就職活動を続けたことが高い就職率につながっていると読み取ることができます。

■参考資料 : 大学生の就職(内定)率
厚生労働省が文部科学省と共同で実施し、2017年5月19日に発表した「大学等卒業者の就職状況調査」によると、2017年3月大学等卒業者の就職率は、10月1日時点で71.2%、4月1日時点で97.6%でした。同期比の就職率は2011年から6年連続で増加しており、1997