– 飲食店店長のアルバイト求人媒体イメージ -  スピーディで使い勝手が良いのはバイトル!  営業マン評価が高いのはフロム・エー ナビ!

ツナグ働き方研究所(株式会社ツナグ・ソリューションズ/
本社:東京都千代田区/代表取締役社長:米田光宏)は、
200名の飲食店店長にアンケートを実施。

空前の人手不足に悩む現場の店長が、
普段利用しているアルバイト・パート求人媒体に
どんなイメージをもっているのか、その実態に迫りました。

<図1.飲食店長全体 求人媒体イメージMAP 利用度×媒体イメージ>

(※)上記マップは、コレスポンデンス分析にて作成。
分析の基準としたい属性項目(ここでは求人媒体)と
分析対象となる調査項目(ここでは媒体イメージ)を
2次元の同一マップ上に表現することで、その関係性を見出す分析手法。

求人媒体に強く紐づいて連想されるイメージ項目は、
求人媒体名により近しい位置にプロットされる。

■営業マン評価が高いフロム・エー ナビ、
掲載までの手間が少ないバイトル

店長の求人媒体に対するイメージを独自の分析
(図1. 飲食店長全体 求人媒体イメージMAP 利用度×媒体イメージ)でマッピングしました。

イメージは、大きく
A. 「メジャー」
B. 「ローコスト」
C. 「営業マンの評価が高い」
D. 「サービスの評価が高い」
という4つの特徴に分類されます。

中でも特徴的なのは、
C. 「営業マンの評価が高い」フロム・エー ナビ。

他媒体とは大きく違ったイメージを獲得しています。

同じリクルート社の媒体で利用率NO.1のタウンワークを推奨するのではなく、
“あえて”フロム・エー ナビをお奨めするからには、
反響を出す根拠と自信が必要です。

そんな営業マンの説得力が頼もしく映るのでしょう。

D. 「サービスの評価が高い」イメージは、
バイトルやジョブセンス(現マッハバイト)という新興媒体と、
グルメキャリーやフーズフーという業界特化型媒体。

特にバイトルは、とりわけ
「掲載までの手間が少ない」というイメージが色濃く出ました。

バイトルには、掲載までの申し込み手続きが簡易で、
掲載開始後も内容を修正できるといった、他媒体にない商品特性があります。

そういった特徴が、忙しい店長にとって有り難く感じられることから、
ポジティブイメージにつながっているようです。

■「飲食店店長・店長経験者 意識実態調査」調査概要

●調査方法:インターネット調査

●調査期間:2017年7月21日~7月25日

●調査対象:飲食業の店長経験者(現職、過去経験含む)/全国20-50代男女200名

■ツナグ働き方研究所とは…

アルバイト・パート専門の人材コンサルティング会社、株式会社ツナグ・ソリューションズを母体とする「多様な働き方」の調査研究機関。少子高齢化による労働力人口の構造変化やIT技術の進化、グローバル化による産業構造変化が加速する中、ますます広がりを見せるアルバイト・パートを中心とした多様な労働市場において、「個人の価値観が尊重される働き方」「現場の人材が最も輝く働き方」「21世紀をリードする多様な働き方」をテーマに、調査・研究・開発に取り組む。

所長である平賀 充記(ひらが あつのり)は、リクルートフロムエー(現リクルートジョブズ)にて、FromA、タウンワーク、とらばーゆ、ガテン、はたらいくなど、リクルートの主要求人メディア編集長を歴任した「アルバイトの専門家」として活動している。