ワークス、リクルートスタッフィングから「HUE®」を受注  ~AIを搭載したビジネスアプリケーションで人事機能の強化を支援~

株式会社ワークスアプリケーションズ
(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下 ワークス)は、
株式会社リクルートスタッフィング
(本社:東京都中央区、代表取締役社長:柏村 美生、以下リクルートスタッフィング)より、
新たな人事統合管理基盤として人工知能型ビジネスアプリケーション
「HUE® HR Core」「HUE® Payroll」「HUE® Attendance Management」「HUE® Talent Management」
の4製品を受注しましたので、お知らせいたします。

TOPIC

1.統合人事データベースの確立により、高度なタレントマネジメントを実施
2.効率化・標準化により年間業務工数の大幅削減とガバナンス強化を実現
3.将来の法改正や業務変化へ柔軟に対応できるシステム基盤を構築

●ノーカスタマイズで高度な業務支援が可能、圧倒的な生産性向上につながる「HUE®」

「HUE®」の主な特徴は以下の3点です。

1.統合人事データベースの確立により、高度なタレントマネジメント実施が可能

社内の人事情報を一元管理することで、体系的な評価・配置を実現します。

これまで蓄積してきた従業員一人ひとりの強みや弱みといった情報を
タイムリーに収集することができるようになり、
過去の経験や勘に頼らない人事判断が可能となります。

人事情報の有効活用によって、従業員の成長スピードと
能力発揮の最大化を図ることができます。

人工知能が様々な軸で瞬時に比較・分析を行うことで、
より高度なタレントマネジメントを可能にし、
従業員のさらなる成長支援を実現します。

2.効率化・標準化により年間業務工数の大幅削減とガバナンス強化を実現できる

「HUE®」では、人工知能のサポートにより、
圧倒的な業務効率化を実現することができます。

過去の業務を学んで人工知能が入力項目を提示してくれるため、
ユーザーは提示された候補を選択するだけでよく、
煩雑な入力業務から開放されます。

また、給与計算や勤怠の申請・承認に係る業務は、
人工知能が先回りして数値等のチェックを行うため、
人の手による確認工数を大幅に減らすことができます。

さらには、ビジネスアナライザー機能によって、
他社の業務オペレーションデータを元にした
比較・分析による業務改善支援も可能です。

「HUE®」を活用することで、
業務効率化による年間業務工数の大幅削減と、
業務標準化によるガバナンス強化を目指すことができます。

3.将来の法改正や業務変化へ柔軟に対応できるシステム基盤を構築可能

従来のシステムでは、業務に合わせて追加開発を行うだけでなく、
法改正等への対応が生じる場合は、
システム改修による追加費用・人員が必要となっていました。

「HUE®」は、大手企業で想定される要件を汎用化し、
標準機能として搭載しているため、
人事領域のあらゆる業務にノーカスタマイズで対応することができます。

また、無償バーションアップによって、
将来の法改正や業務変化にも標準機能で対応可能です。

会社の成長に追随してシステムも進化する、
独自のビジネスモデルです。

◆ 一般的な「HUE®」活用例


※画面イメージ1 : 従業員一人ひとりのスキル情報をタイムリーに照会可能


※画面イメージ2 : 勤怠の承認業務では、人工知能が先回りして数値等をチェック