2017年飲食店で最も人手不足だった職種は? 首都圏・関西の年間求人データを求人@飲食店.COMが発表!

飲食店専門の求人情報サイト
「求人@飲食店.COM(運営:株式会社シンクロ・フード)」
http://job.inshokuten.com/)が、
首都圏および関西の飲食店における2017年の年間求人データを発表します。

2017年、飲食店で最も人手不足だった職種(求人掲載数が最も多かった職種)は、
首都圏・関西ともにサービス・ホールでした。

調査の詳細は下記の通りです。

「求人@飲食店.COM」の掲載データより、
首都圏および関西エリアにおける2017年(2017年1月1日~2017年12月31日)の
求人101,169件(正社員およびアルバイト)を対象に
職種別求人掲載数を調査いたしました。

■2017年最も人出不足だった職種(首都圏エリア)

まず首都圏エリアについて見てみると、
1位はサービス・ホールで、22,582件(全体の27.2%)という結果となりました。

サービス・ホールは2013年以降連続して1位となっており、
慢性的に不足状態が続いている職種と言ってよいでしょう。

なお、サービス・ホールの掲載数を雇用形態別に見ると、
正社員よりもアルバイトの求人掲載数のほうが多い
(正社員46.5%、アルバイト53.5%)という結果でした。

飲食店のサービス・ホールスタッフは、スキル・経験の豊富さよりも、
やる気・人柄が重視される傾向にあるため、
人件費の安いアルバイトのニーズが高くなっていると言えそうです。

2位は調理スタッフで、
21,098件(全体の25.4%)という結果になりました。

調理スタッフはアルバイトよりも正社員の掲載数が多く
(正社員57.4%、アルバイト42.6%)、
サービス・ホールに比べてスキルや経験を求められていると考えられます。

なお、3位の調理補助・調理見習いは12,079件(全体の14.5%)で、
2位の調理スタッフとは約1.7倍の開きがあることから、
首都圏エリアでは調理系職種は未経験者よりも
即戦力として活躍できる経験者の方がニーズが高いと言えそうです。

4位、5位には店長候補・マネージャー、料理長候補がランクインしました。

こちらは管理職にあたることもあり、
その9割以上が正社員での募集となっています。

■2017年最も人出不足だった職種(関西エリア)

関西エリアでの結果を見てみると、1~5位は首都圏エリアと同じ順位となり、
雇用形態の内訳もほぼ同様の結果となりました。

各職種の全業態に対する割合を首都圏と比較すると、
その差はおおよそ1%前後となっていますが、
3位の調理補助・調理見習いに関しては全職種に対する割合が17.5%となっており、
首都圏エリアの14.5%に対して3ポイント高い結果となりました。

即戦力を求める傾向がある首都圏エリアに対し、
関西エリアではゼロから育てようという風潮が強く、
結果に影響を与えていると考えられそうです。

詳しいデータはこちらから
http://www.inshokuten.com/recruit/knowledge/trend/detail/220

飲食業界の求人トレンドがわかる調査レポートはこちらから
http://www.inshokuten.com/recruit/knowledge/trend/list/?serachCategoryCode=0

求人@飲食店.COMでは、今後も様々なデータの解析や分析を行い、
飲食店で働きたい方、飲食店の出店者・運営者の皆さまにとって価値ある情報をお届けしていきます。

■求人@飲食店.COMについて
・URL:http://job.inshokuten.com/

「求人@飲食店.COM」は、飲食店の出店・開業支援サービスを
ワンストップで提供する「飲食店.COM」が運営する飲食店専門の求人情報サイトです。
2006年に首都圏版のサービスを開始してから順調に掲載エリアを拡大し、
現在では日本全国の飲食店について求人情報を掲載中です。