新卒採用に代理人が登場する時代か - 新卒採用に新しい風を吹き込む。 「キャリアハイ」を2月6日より提供開始。

新卒採用に新しい風を吹き込む。
「キャリアハイ」を2月6日より提供開始。

キャリアハイは新卒就職活動中の学生に
プロのビジネスマンとしての生き方を示す、
新しい時代における働き方支援サービスです。

複数内定を保有した新卒学生が
企業を選ぶ際の選択基準の一つに「労働条件」があります。

キャリアハイでは、入社時に周りと同条件である労働条件を、
学生の希望やスキルと照らし合わせ、
その条件を実現すべく企業側と交渉を行います。

既存の枠にとらわれないWEBサービスを展開する株式会社ブロック
(本社:東京都千代田区、代表取締役:谷宮 武将、以下 ブロック)は、
就職活動中の大学生が自身のスキルを最大限に活かすための
新サービス「キャリアハイ」を
2018年2月6日より提供開始いたします。

▼キャリアハイ http://b-rock.jp/careerhigh/

■[サービス提供開始の背景]

・新卒学生に就職前からビジネスのプロとしての意識付けが必要

「新卒採用は一括採用であるものだ」
このような風潮がまだ日本にはあるのではないでしょうか?

しかし現実としてはグローバル化が進み、終身雇用は名目になり、
成果主義の流れになりつつある今、
いかに成果をあげられるのかという
「ビジネスマンとしてのプロフェッショナル化」が求められています。

このような状況のもと、新入社員として入社する学生には、
入社前から仕事に対する意識改革が必要となります。

・ビジネスのプロにエージェントが必要になる時代が来る

サッカーや野球といったスポーツ分野においては
十分な経験を積んだプロ選手は、移籍の際に自身の価値をより高く
プレゼンテーションするために代理人と契約します。

代理人は選手にはない交渉スキルを保持しているため
チーム側に引けを取ることなく交渉が可能です。

プロとして有しているスキルを最大限に活かすために
専門のエージェントを利用するのです。

これからの時代、この考え方は新卒就職活動においても
必要になっていくと当社は考えています。

・就職活動のなかでプロとしての意識改革を促すのが我々のミッション

AI化が進み、さまざまな職種に人の手が必要なくなると噂される中、
会社に入れば安泰ではなくさらなる活躍の場を自身で切り開くためにも、
個々人がプロとして生きていくことが必ず求められる時がきます。

そんな時代に備えるため就職活動時から
自身のスキルや意気込みをより高くプレゼンテーションしなければならないという
要請に応えるための「意識改革」をサポートすることをミッションとして、
キャリアハイというサービスが生まれました。

■新サービスの特徴

1.サービス料は学生本人負担。企業側の利用料は一切なし

新卒人材紹介サービスとは違い、お客様は学生本人になるため、
サービス利用料は学生本人の負担となります。

そのためキャリアハイのサービス利用による
企業側への費用負担はありません。

2.複数内定保有の学生の優秀な人材を獲得するために効果を発揮

学生の売り手市場である現在の状況においては、
優秀な学生ほど複数内定を保有しています。

今まではそのような学生へアプローチする方法が企業にはありませんでした。

キャリアハイを通じて、学生のスキルやニーズに応じて
入社時における諸条件を交渉することで企業は
学生への獲得意欲を表明することができるため、
入社意欲の高まりにつながります。

3.内定後・入社後のフォローアップとしても有用

キャリアハイのサービス利用の学生へは内定後・入社後にも
引き続きフォローアップを行います。

企業側で一人ひとりの学生の状況を
把握することが理想ではありますが、
手が回らない企業様のサポートとしてもご活用いただけます。

■今後の展開

19卒の新卒採用において学生登録者1000人を目標としております。
また中途採用においても同様のサービス展開を予定しております。