自身のキャリアを考える二〇代のためのヒントがこの1冊に満載。『二〇代で再就職したいキミへ 新卒3年3割退職時代の処方箋』

『二〇代で再就職したいキミへ 新卒3年3割退職時代の処方箋』(株式会社学情「Re就活」編集部/編著)

株式会社学情(本社:大阪市北区/東京都中央区、代表取締役社長:中井清和)は、運営する転職サイト「Re就活」の編集部が著者となった単行本『二〇代で再就職したいキミへ 新卒3年3割退職時代の処方箋』を朝日新聞出版社から出版します。
就職活動を経て新卒で入社した若者の3割が、3年を経ずして最初の就職先を辞める、いわゆる「新卒3年3割」時代。多くの若者が今、20代での転職に直面しています。

入社した会社と自分とのギャップに悩んで、あるいはより自分の能力が活かせる場所を求めてなど、その転職の理由は様々です。
そんな20代のための転職サイト「Re就活」の編集部が著者となり、キャリアを見つめ直し、ポテンシャル(可能性)を開花させるヒントをまとめました。
著名人のエールや、“就活支援のプロ”キャリアアドバイザーの実践的なアドバイスが満載です。

<書籍概要>
書名:二〇代で再就職したいキミへ 新卒3年3割退職時代の処方箋
編著者:株式会社学情「Re就活」編集部
定価:本体 1,300円(税別)
判型:四六判並製
頁数:192頁
ISBN:978-4-02-251541-4
発行日:2018年3月30日 第1刷発行

・20代の若手社会人が転職をする理由

学情が「Re就活」会員に対し実施したアンケートでは、転職理由の上位3つは「人間関係・社風が合わない」が42.1%、「ワークライフバランスが悪い」が36.5%、「そもそもやりたい仕事ではなかった」が33.4%で、「給料が低い」を抑えて上位に入る結果となりました。

20代が職場を選ぶ際にワークライフバランスや職場環境を重視する傾向は依然継続しています。しかし、自分の能力がより発揮できる、本当にやりたい仕事を目指して、キャリアチェンジのために活動する会員も多いことがわかります。

その他項目の調査結果など、詳細は
https://prtimes.jp/a/?f=d13485-20180329-7905.pdf
こちらからダウンロードしてご確認ください。

■調査概要■
・調査内容:就職・転職活動に関するアンケート
・調査対象:全国のRe就活登録会員
・有効回答数:500件
・調査機関:2017年9月1日~15日
・調査方法:web上でのアンケート
・比較データ調査期間:2017年3月1日~3月15日